Moly.jp

「Sweet & Spicy 」女性向け防犯メディア

“International Women’s Day”

calendar

 

今日は珍しく、タイトルを英語にしてみました。

どうですか?カッコイイ響きですよね。

 

タイトルを直訳すると国際女性の日となります。

そう!今日、3月8日は「国際女性デー」なのです!

 

みなさんこのような日があると知っていましたか?

祝日でもないですし、私もこの記事で紹介するまでは、このような日があるとは知りませんでした。

 

“「国際女性デー」とは、

国連が、1975年の国際婦人年において、3月8日を国際女性デー(IWD)として定めました。そして2年後の1977年12月、国連総会は、加盟国がそれぞれの歴史と伝統に応じて、1年のうち1日を女性の権利及び国際平和のための国連の日と宣言できる決議を採択しました。

国際女性デーは、20世紀への変わり目に、北アメリカおよりヨーロッパ各地での労働運動から始まりました。このような初期の時代から、国際女性デーは、先進国及び途上国ともに、女性のための新しいグローバルな姿をとりあげてきました。この成長し続ける国際的女性運動は、4つの世界的な国連の女性会議によって強化されています。そして、女性の権利、及び政治・経済活動の場への女性参画をサポートする結集の場を記念する国際女性デーを支援しています。

国際女性デーは、これまでの前進を振り返り、変革を呼びかけ、国や社会の歴史上すばらしい役割を果たした一般の女性たちの勇気と決断を称える日です。”

国連ウィメン日本協会より引用

http://japan.unwomen.org/ja/news-and-events/in-focus/iwd2017

(外部サイト UN WOMANへ移動)

 

 

この日の制定の背景には、女性に対するさまざまな思いが込められていることがわかります。

一見すると、女性の社会進出への平等を望んでいるのかと思いますが、

たしかにそうなのですが、ここにも防犯のキーワードが隠れていると私は思います。

 

例えば、会社内で男女の格差からパワーハラスメントが生まれます。

男性間でのパワーハラスメントもありますが、女性の場合パワーハラスメントから、セクハラに繋がることも多いです。

 

そして、そこから最悪の場合、性犯罪へと変わることがあります。

 

社会的な格差から、性犯罪が起こることもあるのです。

この国際女性デーで、女性に対する社会への権利求めるのと同時に、性犯罪への対応と対策が良くなることを願っています。

 

 

あまりまだ認識されていないの日なので、ぜひ女性の方々にこういった日があるのだと知って欲しくて、

今日はご紹介させていただきました。

 

来年のこの日が女性たちにとってより住みやすい環境になっていることを願っています。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す