Moly.jp

「Sweet & Spicy 」女性向け防犯メディア

“突撃!渋谷で防犯街角アンケート〜その3〜”

calendar

 

こんにちは!

昨日に引き続き、

「突撃!渋谷で防犯街角アンケート〜その3〜」をお送りいたします!!

 

昨日は、インタビューした女性方の渋谷駅周辺とその他の地域で遭遇した被害をまとめてご紹介させて頂きました。

 

そこで、今日はその女性方が被害に遭ったときにどう対応したかを、まとめました!

 

こちらです↓

1番多かったのはなんと、何もしなかったなのです!!

その次に多かったのが無視・ガン無視でした!

 

みなさん、驚きませんでしたか?

それとも、もしみなさんが被害に遭われた場合でも同じですか?

 

私は正直この結果に驚きました。

被害に遭ったにも関わらず、誰かに助けを求める訳でもなく…

そうこのグラフの内容、気がつきましたか?

 

被害に遭っているのに、誰ひとりとして警察に報告もしくは通報するという欄がないのです!

 

もしかすると、渋谷の繁華街で行われるつきまとい・ナンパは警察に相談するまでもないと認識されているのかもしれません…が、その他はどうでしょう?

 

痴漢・わいせつ、不審者などは立派な犯罪です!!

無視や電話をしているフリでその場を逃れた方たちが多かったようですが、

その出来事を警察に報告しないで、もし2次被害が起きていたら…

 

些細なことでも、怖い目に遭ったら必ず警察に行きましょう!

まずはあなた自身の身を守るため、そして2次被害を防ぐためにも。

 

そしてインタビューの最後に、

普段からどのような防犯対策をしていますか?

と質問をさせて頂きました。

 

するとこちらもビックリな結果に、、、

この約7割を占めているのは何の項目だと思いますか?

なんと防犯対策を「何もしていない」という人が約7割もいるのです!!

 

防犯対策の中に、

「音楽をガンガンにする」と答えてくれた方がいたのですが、

たしかに相手の言葉を遮断できるかもしれません。

しかしこれは無視とは違い、相手の言葉だけでなく全ての音を遮断し、

いざとなった時、何も聞こえないのはもっと危険です。

 

そしてインタビューをしたなかで、防犯ブザーなどの他人に気づいてもらう物や、

犯人を驚かせる物を持っている人は人でした。

 

大きな事件になっていないにしても、少しでも怖い目に遭遇しているのに、防犯対策をしていない人がこんなにも多いのです。

 

この結果には正直驚きました。

ほぼ毎日と言っていいほど、ニュースで女性に対する犯罪を目にしています。

なのに、防犯意識が低いなと。

 

今回のインタビューをしてみて、

女性のための防犯メディアを作るにあたり、とても勉強になりました。

みなさんに、意識を高めてもらえるようなメディアにしていきたいです。

 

「そういうニュースあるよね」ではなく、

「いつ自分も怖い目に遭うかわからない」と。

事件に巻き込まれないことに越したことはありませんが、

だからといって意識をしないこととは別です。

 

常に、緊急事態にどう対応できるかを意識することが最初の防犯対策なのです!!

 

では、またの独自記事を楽しみにしていてください!

 

(渋谷街頭インタビューについて)

場所:渋谷駅ハチ公前

対象:女性(40名)

年齢:10〜30代

今回ご協力くださった皆様ありがとうございました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す