Moly.jp

「Sweet & Spicy 」女性向け防犯メディア

【要警戒】ほんの少しのその隙間…誰かにのぞかれている!?

calendar

関東では、本格的な梅雨に入り、ところどころで紫陽花が綺麗に咲いているのを見かけるようになりましたね。季節との関係性はわからないものの、最近の各行政からの防犯メールを確認していると、「のぞき」というワードが目立っています。そこで、今回は「のぞき」について、その定義と防犯対策をご紹介していきます!

<「のぞき」とは?>

みなさん、「のぞき」という行為を聞いたことはありますか?

先日、アパートの室内で授乳中の女性をのぞき見していたといった事案がありました。よく「のぞき」と聞くと、部屋で着替えている姿をのぞき見たり、入浴中をのぞき見るといった事案が多いのですが、授乳中をのぞき見るといった事案は珍しく、驚きました。このように、「のぞき」とは、ひそかにうかがい見ることを指します。

自分が見られたくない場所で、見られたくない姿をひそかに覗かれていたらと思うととても怖いです。

<「のぞき」は何罪?>

「のぞき」という言葉は聞いたことがある人もいると思いますが、「のぞき罪」という言葉は聞いたことがないですよね?では、「のぞき」を罰する罪状はないのでしょうか?

「のぞき」は「窃視の罪」と呼ばれています。
この窃視の罪は、軽犯罪法(第1条23号)に当たります。

軽犯罪法
第1条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
23 正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

  • 「場所をひそかにのぞき見た者」とあるように、当該の場所が無人であっても違法となる。
  • 屋外や公共の場所は「通常衣服をつけないでいるような場所」でないから、屋外で更衣や排泄している人をのぞき見しても本項は適用できない。ただし、迷惑防止条例など他の法令の適用対象になることはある。
  • 他者が目的外で建造物等に侵入した場合は建造物等侵入罪が適用されることもある。

出典:Wikipedia 軽犯罪法 より

また、上記にも書いてあるように、のぞく場所によっては軽犯罪法だけでなく、建造物侵入罪や住居侵入罪にも当たることがあります。

住居侵入罪
住居侵入罪は、刑法130条前段に規定される罪。同条後段には不退去罪が規定されている。

住居侵入罪は、正当な理由がないのに、人の住居(『人の入居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船』)に侵入した場合に成立する。法定刑は3年以下の懲役または10万円以下の罰金である。未遂も処罰される。

 

出典:Wikipedia 住居侵入罪 より

つまり、人の家に侵入し、「のぞき」をした時点で、軽犯罪法違反と住居侵入罪の罪に問われることになるのです。

<のぞかれないためには>

これからますます気温が上がり、家の中では薄着になる方多いと思います。そして「自分なんか見られない」と思っている方も中にはいるかと思います。しかし、誰だから特別見られてしまうということは一切ないのです。

特に女性の一人暮らしは油断禁物です。しっかりと「のぞき」対策をしましょう!

①カーテンは二重にすべし

カーテンはできるだけ二重にしましょう。厚いカーテン一枚だと、外の光や風が欲しくなったとき、開け放たれることになります。そうするとガラス窓だけになってしまいますが、もう一枚薄いレースなどのカーテンを足すことで、外から屋内を見えにくくなります。

②いくら小さな窓でもしっかり施錠

トイレや浴室、脱衣場などに小さい窓がある家があります。「この窓からじゃなにもできないよ」と思っているかもしれません、そこからスマホや小型カメラなどは通せるのです。ですので、喚起のためにあける時以外は、いくら小さな窓であってもしっかりと施錠するようにしましょう。

③窓付近にはセンサーライトを!!!

脱衣所や浴室窓や、例えば窓に取り付けられない場合であっても、その付近にセンサーライトを取り付けるようにしましょう。窓にセンサーライトを取り付ければ、窓が少しでも開けばライトが付きます。窓付近に付ければ、不審者が通った時にライトが付きます。センサーライトが付いていることによって、のぞかれることを防げるだけでなく、家に近づかせないための抑止にもなります。

<まとめ>

いかかがでしたか?
「のぞき」行為自体は季節を問わず起きている犯罪ではあるのですが、特に最近は多くのぞき事案を目にすることが多いので、今後は季節との関連性も見て行きたいと思います。

「家の中が一番落ち着く!」といったように、家の中でリラックスして過ごすためにも、しっかりと「のぞき」の防犯対策をしていきましょう。

もし、家の小窓に少し隙間が空いているな?と思ったら、しっかりと閉めましょう。
その「隙間」要注意ですよ!!!