Moly.jp

「Sweet & Spicy 」女性向け防犯メディア

【速報】警察庁が性犯罪の発生場所を分析調査!?

calendar

興味深く嬉しいニュースが入ってきました。
警察庁が、女性や子どもが性犯罪の被害に遭うことを未然に防ぐ方法として、新たな試みをすると発表しました。

 

警視庁 性犯罪、声かけ、どこが危険? 分析調査へ
子供や女性が被害に遭う犯罪を未然に防ごうと、警察庁は複数のモデル地区を選定し、性犯罪や不審者による声かけ事案などが、どのような場所で発生しやすいか調査することを決めた。犯罪リスクが高い場所を分析し...

 

こちらの記事が述べている通り、昨年は刑法犯罪が100万件を下回りました。しかし、刑法犯罪は減っていますが、性犯罪は減っているのでしょうか。認知件数の数字としては減っているかもしれませんが、性犯罪はそもそも被害届を出さない人が多く、ちゃんとした被害者の数を把握することが難しい犯罪なのです。

今回のこの警察庁の目的は、複数のモデル地区を選び、その地区内での性犯罪や子どもへの声かけなどの不審者が発生しやすい場所を調査し、他の都道府県と情報を共有することだそうです。

また、犯罪の被害に遭った女性や子どもにアンケートを取り、そのアンケートからモデル地区における事件発生場所の特徴を掴むということも目的だそうです。しかし、このアンケートという部分は慎重に行って欲しいです。前述で、性犯罪はそもそも被害届を出さない人が多いと述べました。なぜ被害届を出さないのでしょうか?女性は性被害に遭ったとき、被害者であるにも関わらず自分が悪いと思い込む人や、羞恥心から話すことができない人がいます。このように被害に遭っているのに自分が悪いと思ってしまうのが、性犯罪の怖いところではないでしょうか。

また、もし被害に遭い被害届けをだすと調書を取るために、たくさん質問をされるでしょう。そこで思い出したくないことを、言わなければならないことになります。上記のような理由で、被害届をださない人が多いのです。

そのため、もし被害者にアンケートを取る場合は、慎重にとる必要があります。発生場所や容疑者の動機を調べるとともに、被害者の心のケアの点もしっかりして欲しいと思います。

現在、私たちの作っているお守り防犯アプリ「Moly」は毎日全国の対応している県の防犯情報を確認しています。警察庁は今後、分析した結果を全国の都道府県と共有し、防犯ボランティアへの活用も視野に入れているそうです。Molyもこの調査のお手伝いをできるように、これからもどんどん成長していくので、楽しみにしていください!

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す