Moly.jp

「Sweet & Spicy 」女性向け防犯メディア

【女子大生の日】一人暮らしの女性必見、プチプラで防犯対策!!!

calendar

<8月16日は何の日?>

みなさん、8月16日が何の日か知っていますか?
それは「女子大生の日」です!

1913(大正2)年のこの日、東北帝国大学(東北大学)が女子受験生3人の合格を発表しました。これが日本で初めての女子大生の誕生でした。

366日への旅より引用

現在では女子大生は普通に多く見かけますが、当時は珍しかったのですね。
そんな「女子大生の日」にちなんで、一人暮らしの女子大生にオススメな防犯グッズをご紹介したいと思います!

一人暮らしは不安だけど、
「オートロックのマンションは高いし…」や、
「防犯対策したいけど、色々と揃えるほどお金はかけられない…」
という女子大生に嬉しい「プチプラ」で揃えられる防犯グッズのアイテムをご紹介します!!!

<プチプラな防犯グッズとは?>

防犯対策や防犯グッズというと、防犯カメラとかを想像して、高価だから手が出しにくいなーっと思っていませんか?たしかに、防犯カメラや侵入を検知するセンサーなどは少し値段が高いです。しかも一人暮らしだと防犯カメラまで必要か?と思ってしまうかもしれません。

そこで、今回ご紹介するのは全て100円均一で揃えられる防犯グッズです!

窓ガラス保護シート

まずは、「窓ガラスの保護シート」です!
平成28年度版東京の犯罪によると、住宅対象侵入窃盗の発生状況のなかで住宅に侵入する手口として約60%が窓からの侵入でした。そのため、まずは窓からの侵入を防ぐ対策をしましょう。

防犯ガラスを取り付けるとなると、とても高い金額がかかりますし、管理会社に連絡しなければいけない場合があります。しかし、この100円均一で販売されている窓ガラス保護シートは、窓自体を取り替える必要がないのです。シートは窓ガラス全体を覆える大きさではないですが、鍵の部分に貼って置くことで、窓を割られて鍵を開けられるということは防げるでしょう。

もちろん、枚数を買って窓ガラス全体に貼ることもオススメです。保護シートなので、女性も簡単に一人で貼付けられるというとこもポイントです!

窓ロック

こちらも窓関連の防犯グッズです。
泥棒は短時間で侵入できる家を好みます。侵入するのに5分以上かかる家は諦める傾向にあります。つまり、いかに開けにくく時間がかかる窓にすることかが泥棒を侵入させないポイントなのです。

そこで登場するのが、補助鍵の「窓ロック」です。

1つの鍵だと簡単に開けられるかもしれません。しかし、鍵が2つ3つと増えれば、開けることを諦めます。100円均一で販売されている窓ロックは幅をはかって窓のサッシにはめ込むだけでとても簡単に取り付けられます。サッシの上と下の両方に取り付ければ、鍵が3つになるので安心できますね。

窓ロックは、大きな窓からトイレの小窓にまで幅広く使えるのもオススメのポイントです。

サムターンキャップ

みなさん、「サムターン回し」という言葉を聞いたことがありますか?

—サムターン回しとは、住居侵入窃盗犯などが鍵を開ける手法の一つであり、ドアの外側からサムターン(ドアの内側の指でつまんで回転させ施開錠する部品)を回すことによって開錠するものである。

Wikipediaより引用

このサムターン回しは、ピッキングなどのような特殊な工具を用意したり技術を持っていなくてもできるので、家の鍵が特殊なものでない限り、簡単に開けられてしまう可能性があります。

そこで登場するのが「サムターンキャップ」です。

サムターンの部分を覆うことによって、サムターン回しを防ぐキャップです。キャップなので、とても取り付けるのが簡単です。サムターンキャップの他にサムターン自体ではなく、サムターンの周辺を覆うサムターンカバーなどもあるのです、家のサムターンの形に合ったものをぜひ取り付けてみてください!

ドアスコープ隠し

次は盗撮・覗き見防止の「ドアスコープ隠し」です。
女性の一人暮らしの防犯対策の中で、個人的にとても重要だと思っているのが、この「ドアスコープ隠し」です。

侵入されたりするのはもちろん怖いですが、気づかぬ間に誰かに覗き見されていると思うと恐ろしいです。ドアスコープは内側からは見えるけど、外側からは見えないと思っていませんか?実は、外側ドアスコープを覗いても中を見れる簡単な方法があるのです。また、押すと簡単にドアスコープのレンズを抜くことができる場合もあります。ドアスコープかと思っていたら、ただの穴だった。そんな盗撮事案もあります。

そこで大事になるのが、そのドアスコープを覗けないようにすることです。家にあるもので覆うのも一つの手ですが、100円均一のお店にも簡単に取り付けられるドアスコープのカバーが販売されているので、ぜひ見てみてください!

窓につける防犯ブザー

万が一誰かが侵入したとき、気付けるセンサーがあったらいいと思いませんか?
でも、そういったセンサーは金額も高いんじゃ…。

それが、100円均一でも「窓につける防犯ブザー」があるのです!

窓にもドアにも使用できる防犯ブザーで、取り付けもマグネットまたは両面テープでとても簡単です。犯人が侵入してきたときに、大音量のブザー音を流して、撃退しましょう。

<防犯グッズ番外編>

上記ではさまざまな一人暮らしの家に取り付ける防犯グッズを紹介しました。
番外編では、取り付けではなくぜひ持っていて欲しいプチプラ防犯グッズをご紹介します!

目隠しスタンプ

みなさん、家に届いた郵便物の封筒や中身の明細を捨てたりするとき、どうやって捨てていますか?シュレッダーにかけて捨てている人もいるかもしれません。しかし、シュレッダーではまだ不安要素が残ります。根気がある犯人は全部並べる…かもしれません。

そこで登場するのが「目隠しスタンプ」です。

大事な個人情報を捨てる時に目隠しスタンプを押せば、個人情報が見えなくなります。その上で、シュレッダーにかけたら、なお安心ではないでしょうか!

自転車かごネット

女子大生や一人暮らしの女性で、家賃が安いからと言って駅から少し離れたアパートやマンションに住んでいませんか?そして、駅から遠いため自転車を利用している人も多いのではないでしょうか。

そこで、自転車の利用している人にぜひ使用して欲しいのが「カゴ用ネット」です。暗い帰り道など、いつひったくりに遭遇するかわかりません。

徒歩でのひったくりもケガをすることはありますが、自転車によるひったくりは徒歩よりも大ケガに繋がる可能性があります。ひったくりができないという状況をアピールするためにも、自転車のカゴには必ずカバー又はネットをつけましょう。自転車のカゴ用のカバーも100円均一のお店にあります!

防犯ブザー

家の扉や窓に取り付けて欲しい防犯ブザーを先ほどご紹介しましたが、
何よりもまず、あなた自身に防犯ブザーを持ち歩いて欲しいです!

100円ですので、カバンをよく変える人は何個か用意して持つのも良いと思います。
外に出るときは必ず防犯ブザーを持ち歩きましょう。

<まとめ>

いかがでしたか?
これらの防犯グッズが全て100円均一で揃えられるなんてびっくりじゃないですか!!

防犯対策と聞いても、お金がかかるからと諦めている人がいたらぜひ、
このプチプラ防犯グッズで対策してみてください!

電池式のものが多いので、こまめに電池が切れていないかもしっかりチェックして、安全な一人暮らしをしましょう。