Moly.jp

「Sweet & Spicy 」女性向け防犯メディア

【トイレの日】8月10日は何の日?チェックしたい公衆トイレの防犯対策!!

calendar

<「トイレの日」?>

みなさん、今日8月10日は何の日か知っていますか?今日は、「トイレの日」です!この「トイレの日」は日本衛生設備機器工業会が制定しました。他にも11月10日にも「11(いい)10(トイレ)」にちなんで、トイレ協会が制定した「トイレの日」があります。11月10日の「トイレの日」のほうが知っている人が多いと思いますが、今日は8月10日なので「トイレの日」を取り上げたいと思います。

「トイレの日」に防犯メディアがどんなトイレの特集をするのかというと…
それは「公衆トイレでの盗撮」です!

<公衆トイレ内で起きる盗撮>

ニュースなどで、スカート内を盗撮といった事案を目にしたことがあると思いますが、トイレ内での盗撮を聞いたことはありませんか?

先日、男子トイレ内での盗撮がニュースで上がっていました。

「スリル味わってストレス解消」市役所男子トイレで盗撮 芦屋市が男性職員を停職...
 市によると、技師補は6月23日午前10時ごろ、市役所東館の男子トイレの個室の仕切り上部から隣の個室にスマートフォンを差し入れ、動画を撮影。隣の個室にいた30代の男性職員が気づいて発覚した。

上記のニュースの場合は男子トイレですが、女子トイレでは起きないわけではありません。むしろ、男子トイレ内の盗撮のほうが稀ではないでしょうか。では、どのように公衆トイレ内で盗撮が行われているのか、見てみましょう。

<どこから盗撮されるの?>

トイレ内での盗撮といっても、どこにカメラが隠れているのでしょうか?
公衆トイレで盗撮に遭う場合は、個室に入った時にカメラが差し込まれるパターンと、カメラが設置されてあるパターンです。

カメラが差し込まれる盗撮

個室に入ってから、カメラが扉の隙間(例えば、天井と扉の間・床と扉の間・隣りの個室との隙間から)など差し込まれる盗撮の仕方です。この盗撮だと、明らかにトイレ内では聞こえるはずのない物音や、カメラが差し込まれる影などにより、先に設置してあるカメラよりかはもしかしたら気づきやすいかもしれません。

カメラがあらかじめ設置されている盗撮

こちらは事前に設置してあるので、用心深くないと見つけにくいかもしれません。どういったところにカメラが隠されているのでしょうか?

・トイレットペーパーを補充するラックや棚

・サニタリーボックスの周囲

・和式トイレの上部

・コンセント

・物をかけるフック

実はこのような場所に盗撮用のカメラが設置されているのです。コンセントやよくトイレで見かけるフックにもカメラが付いているかもしれないというのには驚きです。

先日このような怖い記事を目にしたのでご紹介します。

トイレのフックにご用心!それ、隠しカメラかも!?
警察から出された警告がゾッとする!と注目を集めているアイテムをコスモポリタン アメリカ版からご紹介。そのアイテムとは、一見したところ何の変哲もないフック。公共トイレで見つかり、調べてみると盗撮用の...

どうでしたか?もし公衆トイレに入った時にフックの位置が異様な場所についていたら、警戒しましょう。また、上記で述べたカメラの隠し場所とは別に不審な箱や棚、小さい穴が空いた壁にも十分に気をつけましょう。

<公衆トイレを使う時に注意するポイント>


これほどに沢山の場所にカメラが隠されているかもしれないと思うと、外のトイレを利用することを躊躇ってしまいますよね。しかし、どうしても利用しなければならないときはあると思います。

そこで、不特定多数の人が出入りする公衆トイレを利用する際にチェックしておきたいことを見てみましょう。

①トイレに入る前に背後チェック

もし万が一、あなたが盗撮犯に狙われていたら、あなたがトイレに入る前からつけて来ているかもしれません。入る前に怪しい人が背後に居ないか確認しましょう。

②個室に入る前周囲を確認

まずは個室に入る前に、自分が入る個室の両隣に誰か入っているか、変な物音はしないかを確認しましょう。

③個室に入ったらぐるっと一周確認

個室に入ったら、不審な物や小さい穴などがないかをぐるっと見渡しましょう。

④座ったら「上・下・扉」を確認

便座に座ったら、安心してはいけません。上から下から扉の隙間から何かが差し込まれていないかを確認しましょう。もし入る前に、両隣のどちらかに人が入っていたら、その方向を確認しておくことも忘れずに!

⑤外部と繋がる換気用の小窓にも注意

一階にあるトイレなどにたまに換気用の小窓がついているのですが、もしそのような小窓があるトイレに入ったら、窓の外に人の気配がしないかを確認し、閉めれそうならその扉を閉めてから利用しましょう。

トイレに入っているときぐらい、落ち着きたいと思うかもしれませんが、公衆トイレを利用するときは、そうも言っていられません。確認には確認をです。トイレを出るときも周囲に変な気配がないかを警戒するようにしましょう。

<まとめ>

いかがでしたか?
普段、何気なく利用している公衆トイレにも実は危険が潜んでいるかもしれないのです。

ショッピングセンターのトイレなどは男女ではっきりと分かれていて、人の出入りも少なくはないので、危険は少ないかもしれません。反対に、イベント会場での仮設トイレや公園のトイレなどの、男女共通のトイレまたは人があまり使用しない出入りが少ないトイレは危険性が高いです。

最後におさらいとして、もう一度。

トイレに入る前に背後を確認!

トイレに入ったらぐるっと一周、上下左右を確認!!

公衆のトイレを利用するときはこれでもかというくらいに、警戒しましょう。 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す