Moly.jp

「Sweet & Spicy 」女性向け防犯メディア

【お役立ち】オススメの防犯カメラ!女性も安心簡単防犯カメラガイド!!!

calendar

犯罪のニュースを聞かない日はないというほど、毎日どこかで事件が起きています。「私の住んでいる地域は治安がいいから大丈夫!」と思っていても、実はすぐ近くに何かが潜んでいるかもしれません。じゃぁ、念のため防犯対策をしよう!と思ったとき、皆さんが最初に思い浮かべる防犯グッズとは何でしょう?きっと防犯カメラを想像した人は多いのではないでしょうか。

しかし、防犯カメラと検索しても、商品が多過ぎてどれがいいか迷い、結局後回しにしてしまったりしませんか?そこで、今回は用途に合わせたオススメ防犯カメラをご紹介します!!

<防犯カメラ設置で犯罪は減る!?>

現在、街を歩いていると防犯カメラが設置されているのを見る機会が増えたように思います。防犯カメラは増えていますが、本当に犯罪は減っているのでしょうか?

重要犯罪検挙率76.6% 防犯カメラ端緒増加 昨年の100万件下回る
警察庁が19日に発表した2016年の刑法犯認知件数で、重要犯罪の検挙率は76・6%となり、前年より4・3ポイント上がった。刑法犯認知件数は99万6204件(前年比9・4%減)。終戦直後の1946年...

この記事に書かれているように、警察庁の発表によると2016年の刑法犯認知件数は戦後直後から記録された中で初めて100万件を下回りました。この結果を得られたのは、防犯カメラの設置を増やしたためです。

<ダミーの防犯カメラじゃダメ!?>

防犯はしたいけど、本物の防犯カメラは高価だから、安価なダミーの防犯カメラを設置すれば、警戒して防犯効果があるのではないのかと、ダミーの防犯カメラを設置しているご家庭もあるかと思います。

たしかに、防犯カメラがあると思って警戒するかもしれませんが、それはちゃんと設置場所と本物そっくりな防犯カメラを設置した場合に限ります。

ダミーの防犯カメラは、配線をする必要がないので、どこでも簡単に設置することができます。だからといって、好きな場所に設置してはいけません。なぜなら、設置する場所が不自然な場合、プロの泥棒には簡単にバレてしまうからです。ダミーの防犯カメラが、本当にダミーだとバレてしまっては意味がありません。そこで、もしダミーの防犯カメラを設置する場合の、気をつけて欲しいポイントをお伝えします。

①配線位置が全く考えられていない場所に設置はNG
本物防犯カメラは、有線はもちろん無線でも電源配線が必要です。ですから、全く周りに電源になるような物がないところに防犯カメラを付けたらとても不自然です。

②屋内用の防犯カメラを屋外に設置するのはNG
まず屋外と屋内では防犯カメラの仕様が違いますし、耐久できることも違います。屋内用の防犯カメラなのに屋外で使用していたら、こちらも不自然でプロの泥棒にはダミーだとお見通しです。

③ダミーだとしても安価すぎるのはNG
本物の防犯カメラを設置するのはお財布に優しくないからと、安価なダミーを設置するとします。しかし、安価を求め過ぎてどう見てもすぐにダミーだとわかるような防犯カメラだとしたら、全く意味がないです。たとえいくら安価だとしても、本物とかけ離れたダミーではなく、少し高くても本物そっくりなダミーを買うようにしましょう。

<一軒家用の防犯カメラ>

一軒家に住んでいる場合、防犯しなくてはいけない範囲がマンションなどに比べて広いです。屋内と屋外をしっかりと防犯してくれるタイプの防犯カメラを選ばなければなりません。

①「トレイルカメラ WTwisdom Together」


(画像はAmazonより引用)

見た目は一見四角いボックスで防犯カメラには見えないですが、こちらは屋外用の電池式の防犯カメラです。ほとんどの防犯カメラは電源配線が必要になりますが、こちらは電池式のためコードレスです。電池が切れていないか常に確認する必要がありますが、コードレスなのでどこにでも設置することが可能です。付属のベルトを使用すれば、家の木やポールに取り付けることもできるのです。

暗視カメラ搭載のため、夜でも鮮明に画像も写りますし、もちろん屋外なので防水もバッチリです。そして重要も金額も安い。初めて屋外に防犯カメラを設置するには、お手頃でなおかつ電池式で取り付けも簡単なので、オススメです。

②「KNEWMART 無線防水屋外ネットワークカメラ監視 IP WEB カメラ 有線/無線WiFi HD高画質 IP66防水」


(画像はAmazonより引用)

こちらの防犯カメラも屋外用です。この防犯カメラは、なんとスマートフォンと連動をしていて、専用のアプリをダウンロードしておけば、いつでもどこでも家に設置している防犯カメラの映像をスマートフォンで確認することができるのです。機能がしっかりしているのに無線という点もとても嬉しいです。
①の商品と比べると金額は少し高めに思いますが、防犯カメラの中でこのような遠隔監視機能がついてこの金額は安いので、オススメです。

日本防犯システム 屋内用IRネットワークカメラ ドーム型 100万画素 PF-CS713

(画像はAmazonより引用)

こちらのカメラは、屋内用の防犯カメラです。この室内用の防犯カメラは、先ほどの②と同様に、スマートフォンと連動ができます。しかし、この防犯カメラのもう一つのポイントはマイクとスピーカーが内蔵されている点です。外出先でアプリを開き、家に居る家族に声かけをしたいと思った時に、なんと防犯カメラを通して、相互で通話をすることができるのです。ですので、泥棒を見張るのはもちろんのこと、家族やペットの見守りとしてしようすることもできます。金額は①・②と比べて高いですが、大切な家族や家を守るためには、安心できる機能が揃っている防犯カメラです。

<一人暮らし用の防犯カメラ>

一軒家だと家族で防犯カメラを購入することができますが、一人暮らしだと経済的になかなか防犯カメラを買おうとはならないかもしれません。そこで、一人暮らしの女性にオススメしたい、簡単に取り付けられて金額も安い防犯カメラをご紹介します。

①PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ) 暗視撮影・マイク内蔵・スマホ/パソコン/テレビ対応 CS-QR20


(画像はAmazonより引用)

このカメラはとてもコンパクトに見えますが、付いている機能はとても優秀です。カメラの映像は、スマートフォンやテレビ、パソコンで簡単に確認することができ、動体検知モードでもしカメラ映像に動きを感じれば、スマートフォンに通知がいくようになっています。また、クリップで棚やパイプに挟んで取り付けられるなど、とにかくコンパクトで、設置場所を自由自在に変更することができるのも魅力です。そして、なにより優秀な機能が勢ぞろいであるにもかかわらず、金額がお手頃なのです。女性の一人暮らしで、防犯対策がしたいけど、なかなか防犯カメラに手を出せないという人にぜひオススメです。

②Hanwha SDHCカード付属 / SDカード録画 赤外線 & 人体検知センサー搭載 小型オートビデオレコーダー DVR-Q2(8GB) [microSD 自動録画][バッテリー内蔵][夜間撮影][赤外線カメラ][監視カメラ][防犯カメラ]


(画像はAmazonより引用)

こちらも女性に嬉しい防犯カメラです。それは、コンパクトだけではなく、配線が全く不要なのです。置くだけで簡単に設置でき、小型で目立たないため、一見防犯カメラだと気付かれないところもポイントです。そして、カメラは人体検知センサーが内蔵されており、温度と動きを検知したときだけ、自動で録画をしてくれるので、無駄な録画を省けます。この防犯カメラは①の防犯カメラよりは少し値段が高いですが、それでも防犯カメラの中では手の出しやすい金額です。小ぶりで防犯カメラを置いているのを知られたくない人にオススメです。

<プチプラな防犯カメラ>


上記でさまざまな防犯カメラをご紹介しましたが、ここでちょっとした裏技をご紹介します。

それは、使わなくなったスマートフォンを防犯カメラに変身させるのです!!!
難しい装置などはいらず、用意するものは使わなくなったスマートフォンとアプリです。

現在、スマートフォンを防犯カメラに変身させるアプリはさまざまな種類があります。自分の用途に合った防犯アプリをインストールして、眠らせていたスマートフォンを防犯グッズにすれば、お金もかからないですし、一石二鳥です。

防犯カメラにはまだ手が出せないという人や、試しに防犯カメラを置いてみたいという人にはとても嬉しい裏技ではないでしょうか。

<まとめ>

自分の家にはまだ必要ない、治安もいいし心配ないと思っているかもしれません。防犯カメラを設置する家は、ほとんどの場合が被害に遭ってしまったから、防犯カメラを設置するケースです。

しかし、被害に遭ってしまってからでは遅いのです。

防犯カメラというと高価なイメージかもしれませんが、今回ご紹介した防犯カメラはほとんどの商品がお手頃価格ですので、ぜひ防犯カメラを設置して、自分を家を守りましょう。

自分は大丈夫ではなく、積極的に防犯対策をしましょう!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す